注意欠陥障害とは何か? 

脳の発達が不助ェな子供にテレビを見せると注意欠陥障害(Attension deficit disorders)が発生し易くなることが今日の話題 (日本経済新聞2004年4月8日記事、CNN.HEALTH Apr. 6, 2004)。

特に2歳以下の子供には注意が必要。 テレビを見せることにより、成長するにしたがって集中力の欠如・不穏状態の出現・衝動的な行動や精神錯乱状態が出現し易くなり、沫ヘや非行に走るということがわかってきました。 3歳以上の子供もテレビの見過ぎは決して良い結果をもたらさないと考えられます。

小さな子供には母親のとの優しい語らいと本を読みながら聞かせる昔話が最高なのです。 

関連記事

  1. 8歳の少女が乳癌になる!

  2. ウオーキングはボケやアルツハイマー病を予防する!

  3. 東京マラソンでAEDが活躍!

  4. 運動不足は生命予後の危険因子だ!(続き)

  5. 鎮痛剤を常用している女性は高血圧症になり易い!

  6. 骨粗鬆症には納豆を食べよう!

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ
PAGE TOP