美容・健康

高濃度ビタミンC点滴療法について

高濃度ビタミンC点滴療法について

高濃度ビタミンC点滴とは?
高濃度ビタミン点滴療法は、がんの先進医療としてアメリカの米国国立衛生研究所や米国国立ガン研究所で研究発表されている最先端のがんと健康増進の治療法です。この点滴療法に美肌・美白などの効果があることから、
美容でも使用されるようになりました。
点滴により高濃度ビタミンCが短時間に全身に行き渡ることで、細胞の活性化による若返り効果を促進。身体から若く、美しくなる最先端のアンチエイジング治療です。

経口摂取と点滴による違いとは?
ビタミンCは水溶性なので、多く摂っても余剰分は尿として排出されます。
ビタミンCの血中濃度は、およそ400mg/日で飽和すると報告されています。
そのため、ビタミンCを大量に経口摂取しても、血中濃度はある一定以上から上がりません。
ところが、直接静脈内にビタミンCを点滴で大量投与すると、経口摂取の数十倍の量が血管内に行き渡ります。
こうしてビタミンC血中濃度を高めることにより、ビタミンCを必要とする各器官に直接行き渡らせ、経口摂取とは異なるレベルの作用、各種疾患の予防や、より高いレベルの美容・アンチエイジング効果が期待できます。

レモン1200個分のビタミンCを細胞に届ける!(25g投与の場合)
高濃度ビタミン点滴は次のような方にオススメ!


  • 健康を促進させたい

  • 疲労やストレスを軽減させたい

  • 老化・生活習慣病を予防したい

  • 免疫力を上げたい

  • がん予防・再発予防したい

  • 冷え性・肩こりを治したい

  • 肌荒れ、シミ、ニキビができやすい

  • お肌のハリ、ツヤの改善をしたい

  • 歯周病の予防をしたい


初診時には医師による説明と同意書が必要になります。
初回のみG6PD検査(高濃度ビタミンが適合するかの血液検査)が必要となります。
稀に高濃度ビタミンで溶血する場合があるため、原則みなさまにこの検査を受けていただいております。
他院でこの検査を受けられた方は、その結果が分かるものをご持参ください。

点滴の前後は水分を充分にお摂りください。
(空腹、脱水の状態ですと、副作用が出やすくなります。)
初回は12.5gをお勧めしています。
量を増やしたい方は二回目以降から25gとなります。
頻度は月1〜2回のペースで大丈夫です。
回数や量は医師と相談しながら決めていきます。

副作用

  • 血管痛・喉の渇き・吐き気・嘔吐・下痢・内出血・頭痛


点滴を受けることができない方

  • G6PD欠損低下症の方・腎不全があり透析中、あるいは透析が必要な方

  • 心不全や不整脈の方、浮腫、腹水のある方

  • ビタミンCに過敏症の方



価格
G6PD検査      6500円
初診料         3300円
再診料         1100円
12.5g         8800円
25g         14500円

所要時間
12.5g   50〜60分
25g    70分から90分
※おおよその目安です。血管の状態で前後することがあります。
当院ではマイラン社のビタミンC製剤を使用しています。

PAGE TOP