厚労省の減酒作戦!

  • TOPICS

先日厚労省は「健康に配慮した飲酒に関するガイドライン」を発表しました。飲酒により生活習慣病や癌などのリスクが上昇することに歯止めが必要として対応しました。1日の飲酒量で男性40g、女性20gを超えると危険領域に入ります。アルコール量(g)の計算は飲酒量(ml)X 度数 X 0.8 (比重)です。リスクを回避するには1日あたりビール500ml、日本酒1合弱、酎ハイ350ml、ワイン200ml、焼酎100ml、ウイスキー60mlでほぼ20gとなります。女性の場合はこの半分の10gが推奨されます。ある酒造メーカーでは社員に飲酒するなという社内通達を出しています。ジョークみたいな事実です。健康管理のためには飲酒ゼロが理想ですが、高額なアルコールを少しづつ飲むのも人生の楽しみとなりますね。

関連記事

  1. こんな病院なら入院したいな!

  2. 早朝高血圧の方は降圧剤の服用方法に注意!

  3. タバコを吸い続けると認知症になります!

  4. 乳癌は早熟女性に多い!

  5. 制酸剤の服用に注意、続き!

  6. 乳がんの話題、イングリッド・バーグマン!

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ
PAGE TOP