乳腺症の話

 臨床的には中年婦人にもっともみられる乳腺の不規則な腫瘤ないし硬結形成を主な症状とする変化です。

 生理的にも認められ、症状が強くなると時に治療の対象となりますが、一般的には様子をみてよい状態です。

 病理学的に乳腺症を定義すると「乳腺組織の変化(増殖・化生・退縮)をいろいろな割合で含む非腫瘍性、非炎症性の良性病変である」ということになります。

関連記事

  1. 若年者の高血圧は脳の障害を誘導する!

  2. ・フィットネスは肥満よりまさる。

  3. 百日咳は続いている!

  4. 妊娠・授乳期にも乳癌になる!

  5. 注意欠陥障害とは何か? 

  6. 米国でAIDS予防薬承認される!

最近の記事

  1. “Jaw-droppingR…

    2020.07.19

カテゴリー

アーカイブ
PAGE TOP