USA TODAYのSNAPSHOTSの続き!

本日付けのUSA TODAYには日本と異なるデータが出ています。 米国の女性の拳銃保持率が2009年に13%であったのが、2011年には23%に上昇したとのことです。 以前Gifford議員が演説中に頭部を撃たれたことをこのTOPICSでも記載しましたが、米国は危険極まりないのかもしれません。 ちなみのGifford議員は腕の麻痺がありますが救命され議員活動を再開しました。 しかし最近治療に専念するとのことで引退したようです。 

別の統計では警察官が勤務中に殺害された数字を出しています。 2008年には141人でしたが、2011年には177人に増加したとのこと。 

世界のリーダー国家、米国はどうなるんだろうか?

関連記事

  1. スペインで全顔面移植!

  2. あなたは臓器移植のドナーになれますか?

  3. 大腸の調子に気を付けよう!

  4. 女性は大豆を食べよう!

  5. ミューズ細胞で日本人初の女性ノーベル賞受賞となるか?

  6. パワーウオーキングをやろう!

最近の記事

  1. “Jaw-droppingR…

    2020.07.19

カテゴリー

アーカイブ
PAGE TOP