“Jaw-dropping”人口減少!

BBC.com(Jul. 15, 2020)は世界的な人口減少、特に新生児の減少が問題になっていると報道しています。女性の受胎能力として2017年現在一人の女性が生涯出産する子供の数は2.4人ですが、今世紀末には1.7人になると推計しています(Washington’s Institue for Health Metrics and Evaluation)。現在23カ国(日本やスペインを含む)で2100年までには人口が半分に減少するとのことです。世界の人口は2064年で97億人に達するが、2100年には88億人に減少します。この人口減少の原因は男性の精子に問題があるわけでなく。女性の教育と仕事に関係があるということです。日本でも子供の出生数は減少傾向にあり、現在の1億2千万人が2100年には5千3百万人になるとのことです。まさに”Jaw-dropping”(顎が落ちる、開いた口が塞がらない、surprising、amazing)なのですね!テレワークで頑張っている方、どうにかしてよ!

関連記事

  1. 非喫煙者でも肺がんになる!

  2. 機内ではストレッチしましょう!

  3. 心血管系疾患予防にアスピリンは要らない!

  4. アメリカ人の平均余命が先進国中28位!

  5. 認知症、考え方と感情!

  6. AIが強力な抗生物質を開発する!

最近の記事

  1. “Jaw-droppingR…

    2020.07.19

カテゴリー

アーカイブ
PAGE TOP