CKDはウオーキングで改善しよう!

CKD(Chronic Kidney Disease、慢性腎臓病)が最近注目されています。 昨年度の厚生労働省指導の特定疾患健診(いわゆるメタボ健診)にはeGFRが追加されましたが、これは腎臓の機能を評価する大切な検査項目です。 この数値が60未満になるとCKDということになり、40未満では腎臓専門医の診察を受ける必要となり、30未満になるとRRT(血液透析、腹膜透析、腎移植等)のリスクが上がるとのことです。 メタボ健診が普及するにつれeGFRが低下している方が多数指摘されるようになりました。 検査結果に驚いていないでなんとか対応するには運動、特にウオーキングが最高です。 腎臓は脱水、塩分過剰、高血圧症などで悪化しますが、人生の終末を不幸にしない為にはウオーキングが大事です。

さあ梅雨時で気分が優れないが、小やみになったら歩きましょう。 雹が降ったら歩けませんけどね!

関連記事

  1. 非ステロイド性抗炎症剤を服用していますか?

  2. どうしたら100歳まで生きられるか?

  3. 肥満の方は短命か?

  4. 運動不足は生命予後の危険因子だ!(続きの続き)

  5. iPhoneでメラノーマを見分ける!

  6. 新型コロナウイルスの集団免疫は?

最近の記事

  1. “Jaw-droppingR…

    2020.07.19

カテゴリー

アーカイブ
PAGE TOP