肥満、悲劇の4:未熟児出産!

肥満と妊娠に関連した話の続きです。 BMI35以上の超肥満女性が妊娠に成功したとしても、未熟児を出産する可能性が高くなるとのことです。 肥満は子宮本体と内膜の炎症を発生させ、子宮自体が脆弱になるとのことで、早産になることが多いとのことです。 未熟児出産は産後の多くの病気を引き起こすため、避けたいものです。

巨体のお母さんからは健康そうな赤ちゃんが生まれると思っていたんだけど、これは間違いであった!

関連記事

  1. もう一つのタバコの害

  2. Pain killerで1500人も死亡!

  3. オバマケアの実情!

  4. 収縮期血圧と拡張期血圧、どっちが重要?

  5. 高齢者のドライ・スキンはかゆいのだ!

  6. 米国でAIDS予防薬承認される!

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ
PAGE TOP