米国で両腕の同時移植!

BOSTONのBringham and Women’s Hospitalでアメリカで初めての両腕の移植が行なわれました(ABC News, Sep. 13, 2012)。 3人の子供の母親で、2012年に3人目の子供を出産した後人食いバクテリアに感染し、両側前腕・両側下肢・子宮・大腸を切除しなければなりませんでした。 怖い感染症ですね。 今回彼女の両側の腕の移植に成功したと報道されました。 この移植が完全に成功したかどうかを判断するには神経の再生具合が問題だとされています。 すなわち骨・軟部組織・血管などの接続は簡単に整復されますが、神経はなかなか再生されません。 両腕を自然に使えるようになるかどうかは神経再生次第だと言うことでしょうか。 しかし移植医療は劇的に進歩していますね。 彼我の違いと言いましょうか、日本ではなかなか移植医療が発展しません。 

これからは再生医療が主役になるかもしれませんね!

関連記事

  1. 頭痛が始まりそう! ペットボトル1本分の水を飲もう!

  2. Steve Jobs氏死す!

  3. はしか(麻疹)の抗体検査をしよう。

  4. 認知症、どうしてそうなるか?

  5. 肥満、悲劇の3:不妊症!

  6. 新型インフルエンザ対策の遅れはどうすべきか?

最近の記事

  1. “Jaw-droppingR…

    2020.07.19

カテゴリー

アーカイブ
PAGE TOP