制酸剤の飲み過ぎに注意!

New York Timesの記事(August 11, 2010 A Caution on Acid-Reducers for Older Patients)に制酸剤の服用し過ぎの警告が出ています。 最近胃の調子が悪いとどこのクリニックを受診しても、またはどこの薬局に駆け込んでもすぐに処方されるのが胃薬です。 H2ブロッカーやプロトン・ポンプ・インヒビターなどの制酸剤は急性胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、逆流性食道炎などに極めて有効で、その恩恵に浴する人は沢山います。 あまりにも効果が明白なので、日頃から多量に服用している方が多いのも事実です。 一般に胃薬は安全と思っていることも影響しています。 長期的に服用した場合肺炎・消化器系感染症・骨折という副作用に注意しなければなりません。 胃内の酸を抑制することでこれらの副作用が出現しやすくなるのです。 特に高齢者は注意しなければなりません。

関連記事

  1. 肥満、悲劇の7:医療からの退避!

  2. ストレッチの効用(1)

  3. 心臓突然死からの脱出:続編の続き

  4. 足がつった、痛いよー!

  5. 2020年までに抗菌剤の使用は30%減らす!

  6. 医学における重要な秘法!

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ
PAGE TOP