制酸剤の服用に注意、続き!

Britain’s National Health Serviceの医師団は制酸剤の乱用に警告をしています。 特に高齢者はプロトン・ポンプ・インヒビターなどにより強力に胃酸抑制すると急性肺炎や消化器系の感染症、骨折などの副作用に見舞われます。 例えばClostridium difficileに感染すると抗生物質が効きにくいため下痢を起こしやすくなります。 胃酸抑制するとカルシウムの吸収が悪くなり骨折し易くなります。 肺炎については以前この欄でも触れています。 必要なとき期間限定で胃薬を服用することを心がけましょう!

関連記事

  1. 運動不足は生命予後の危険因子だ!(続き)

  2. 妊娠・授乳期にも乳癌になる!

  3. 妊婦の南アメリカ旅行は注意!

  4. 医学における重要な秘法!

  5. 乳癌再発予防に新しい薬登場!

  6. 肥満、悲劇の3:不妊症!

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ
PAGE TOP