健康記録を作ろう!

明けましておめでとうございます。 新年からの健康対策として個人の「健康記録」を作りましょう(CNN. HEALTH, Jan. 3, 2008)。 日頃つい忘れがちなのは個人個人の健康記録です。 病院へ行けば自分の検査結果や病気の事が細かく記載されたカルテがあると思って、なかなか個人記録をつけようとする方は少ないのではないでしょうか。 しかし外出時不測の事態が発生し、あなたの健康状態が誰にもわからないでどこかの医療施設を訪れなければならないとき、医師は大変困る事が多くなり、ひいては誤った医療行為をしかねません。 日頃服用している薬や、受けている治療内容がわかるように簡単な記録があると治療を行う側は大変助かります。 今年は財布の中にご自分の「健康記録」を書いた紙切れを入れておきましょう。 そんな紙切れを誰にも見られないで済むならあなたは幸せです!

関連記事

  1. 肥満、悲劇の3:不妊症!

  2. 尿の有効利用とは?

  3. Boot Campで肥満を解消!

  4. ロバート・ラドラムをご存じ?

  5. 要介護の危険大、ロコモティブ・シンドローム!

  6. 痒い!痒い!痒いところを掻くともっと痒い!

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ
PAGE TOP