ロコモティブ・シンドローム続きの続き!

  • TOPICS

要介護状態になるのは嫌だと思いながら、実際は運動器の手入れを怠っているのが我々の実情だと思います。 そこでまず自分自身のロコモの状態を把握しなければなりません。 日本整形外科学会ロコモーションチェック2010版では以下の項目が当てはまるか確認するよう勧告しています。

(1)片脚立ちで靴下がはけない。

(2)家の中でつまずいたり滑ったりする。

(3)横断歩道を青信号で渡りきれない。

(4)階段を上るのに手すりが必要。

(5)15分くらい続けて歩けない。

(6)2kg程度の買い物をして持ち帰るのが困難。

(7)家の中のやや重い仕事が困難。

     (日本医事新報No.4496より引用)

これらのうちどれか一つが当てはまれば、あなたはロコモです。

それではロコモ対策はどうしたらよいのでしょうか。

ロコモーショントレーニングは次の二つです。

(1)開眼片脚立ち:これぞダイナミック・フラミンゴ療法です。

(2)スクワット:森光子さんを見習いましょう。

この二つを一日3回行いましょう!

関連記事

  1. 運動中水分の摂り過ぎは危険!

  2. デブよ、さようなら!

  3. オバマケアの実情!

  4. 肥満の方は短命か?

  5. AI(人工知能)で皮膚癌の診断!

  6. 膵癌、いつまでも続く難病(続編)!

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ
PAGE TOP