ヘビードリンカーは脳障害出現!

医学的にアルコールは脳の麻酔薬とされています。

この麻酔薬を飲み過ぎると脳に障害を来します。 MRで脳をスキャンすると1ヶ月100杯以上のアルコール(グラス一杯のワインやビール一缶を1杯と計算して)を飲むひとは確実に脳を障害されることが証明されます。

その結果記憶障害・学習意欲の低下・行動力の低下・注意力障害などが出現します(CNN.HEALTH, Apr.16, 2004)。

アルコール摂取量の目安は成人で1日2杯、老人や女性で1杯まで。 ゆっくり一生をかけて飲みましょう。

関連記事

  1. 乳腺症の話

  2. Sleep mistakesを考え直そう! その2

  3. スペインで全顔面移植!

  4. 新型コロナウイルス感染が終息するには?

  5. 非接触型温度計を手に入れました!

  6. 医療はビジネスで良いのか?

最近の記事

  1. “Jaw-droppingR…

    2020.07.19

カテゴリー

アーカイブ
PAGE TOP