お節介やきのホワイト・ハウス(1)

米国のホワイト・ハウスはかなりお節介やき。

ブッシュ政権は避妊用コンドームが性感染症の予防に完全に役に立つものではないことをコンドームのパッケージに記載するよう求めています。 

それは子宮癌の原因となるHPV(パピローマ・ウイルス)をコンドームでは防御できないからなのだそうです。 

コンドームは避妊とAIDSの予防に役立つということで推賞されていますが、避妊も100パーセントできないと同様、性感染症も100パーセント予防を保証できないとのことをパッケージに警告として記載するよう指導しています。

医学的には当たり前のことなのですが、ホワイト・ハウスはこんなことまで管理しなければならないのですね。

関連記事

  1. 制酸剤の服用に注意、続き!

  2. 乳癌の9割は自分で見つける!

  3. 新しい豊胸術が登場

  4. 予想以上に拡がるジカ・ウイルス!

  5. 体脂肪2kg減らすにはどうしたらよいか?

  6. 蚊に刺されないように気をつけよう!

最近の記事

  1. “Jaw-droppingR…

    2020.07.19

カテゴリー

アーカイブ
PAGE TOP