運動不足は生命予後の危険因子だ!(続きの続きのまた続き)

  • TOPICS

メタボリック・シンドロームが話題になっています。 従来生活習慣病と言われていたのですが、高血圧・高脂血症・糖尿病とならんで肥満、特に内蔵脂肪型肥満が注目されています。 京都大学:上嶋健治助教授によると内蔵脂肪は皮下脂肪に比べて運動により減少させる事ができるとのことです(日本医事新報、No.4298)。 週に10エクササイズ以上の運動を1ヶ月間することにより内蔵脂肪の1〜2%が減少するという事です。 腹囲1cmの減少は体重1kgの減少に相当し、1日あたり230kcalを1ヶ月間消費することが必要とのことです。

でも230kcal消費した後、沢山食べたらどうなるんでしょうね!

関連記事

  1. ヨーロッパで禁煙キャンペーン

  2. スペインで全顔面移植!

  3. もう一つのタバコの害

  4. クリントン元大統領もそうだったのか!

  5. どうしたら100歳まで生きられるか?

  6. 早朝高血圧を理解しよう!

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ
PAGE TOP