認知症、その前駆期は?

1日の行動の中で次のような行為が目立って減少してくると認知症の前駆期と考えられるとのことです。

⚫️事業・商売・家事、政治・経済・学問の研究と参加・勉強などの継続。

⚫️健康の確保と維持、衛生・清潔の維持、疾病・栄養・運動量・睡眠量についての注意。

⚫️対人関係の維持・発展のための配慮と努力。

⚫️家族相互間の尊敬・感謝・配慮。

⚫️趣味を持つこと、読書・音楽・芸術・園芸・スポーツなど。

⚫️過去の経験・知識の整理と応用。

⚫️新たな経験・知識の獲得計画の作成。

⚫️日々反省し自己を修正・進化させること。

以上のことはお互いに関連し合っているので、どれかの行為が減少すると認知症の始まりとなります。

関連記事

  1. 抗菌薬の乱用に注意!

  2. デング熱を退治せよ!

  3. 古代ビーナス発見!

  4. 乳癌術後にヨガが有効!

  5. スポーツ選手の運動負荷突然死!

  6. 胸が痛い! 若い人は自然気胸に注意!

最近の記事

  1. “Jaw-droppingR…

    2020.07.19

カテゴリー

アーカイブ
PAGE TOP