妊婦の南アメリカ旅行は注意!

南米で今Zika feverが話題となっています(BBC NEWS, Jan. 20, 2016)。

Aedes aegyptiという蚊が媒介する Virusで、この蚊に咬まれた妊婦は小頭症の赤ちゃんが生まれるということです。 1947年にアフリカのウガンダで発見されて以来多くの国でこの小頭症の赤ちゃんが見られるのですが、現在南米で感染症が流行しているとのことです。 小頭症になると知能低下や神経障害が出現してきます。 南米に旅行を考えている女性は、特に妊娠している可能性の高い女性は旅行を控えましょう。 この夏のオリンピックは要注意ですね。 

テロとジカ、オリンピック参加は怖いですね!

関連記事

  1. 便秘にはSquatty pottyを!

  2. 乳頭から血液が出た! それは乳癌の危険信号です!

  3. デオドラントで乳癌に!

  4. 注意欠陥障害とは何か? 

  5. 人間の目は光るか?

  6. 2020年までに抗菌剤の使用は30%減らす!

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ
PAGE TOP