嚥下内視鏡検査はいかがでしょうか?

  • TOPICS

食事をする時、飲食物が気管に入って咳き込んだり、時に吐き気まですることがあります。 たまたま誤飲することがありますが、回数が多くなると嚥下障害を考慮する必要があります。 誤飲をすると誤嚥性肺炎を引き起こすことにもなり、また食物が気道を塞ぐと窒息死にもなりかねません。 嚥下運動機能は年齢とともに低下し、極端な場合自覚無しに誤飲していることもあります。 嚥下運動機能を観察することが必要となります。 その為には嚥下内視鏡が利用されます。 咽頭・喉頭を観察して誤飲の様子を観察することが可能となります。 

それでは誤飲対策はどうしたらよいでしょうか? 以前にもこの欄で記載しましたがカプサイシンが有効です。 唐辛子です!

関連記事

  1. こどもの包茎はすぐに手術をしないで!

  2. 戦国武将の命はいかに?

  3. 恐怖のエボラ出血熱!

  4. 乳癌対策は公的検診ではなく、自己検診が優先!

  5. ウジ虫で傷口の治療をしよう!

  6. Exerciseは脳梗塞や認知症の予防となる!

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ
PAGE TOP