嚥下内視鏡検査はいかがでしょうか?

  • TOPICS

食事をする時、飲食物が気管に入って咳き込んだり、時に吐き気まですることがあります。 たまたま誤飲することがありますが、回数が多くなると嚥下障害を考慮する必要があります。 誤飲をすると誤嚥性肺炎を引き起こすことにもなり、また食物が気道を塞ぐと窒息死にもなりかねません。 嚥下運動機能は年齢とともに低下し、極端な場合自覚無しに誤飲していることもあります。 嚥下運動機能を観察することが必要となります。 その為には嚥下内視鏡が利用されます。 咽頭・喉頭を観察して誤飲の様子を観察することが可能となります。 

それでは誤飲対策はどうしたらよいでしょうか? 以前にもこの欄で記載しましたがカプサイシンが有効です。 唐辛子です!

関連記事

  1. 朝食を摂らないと心疾患になる!

  2. 大腸の調子に気を付けよう(続き)!

  3. 白衣高血圧対策はどうしたらよいか?

  4. 100万人以上いるB型肝炎、あなたは大丈夫?

  5. 早期膵臓癌への挑戦!

  6. 頭痛が始まりそう! ペットボトル1本分の水を飲もう!

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ
PAGE TOP