クリントン元大統領の続報

  • TOPICS

狭心症で手術を受けたクリントン元大統領の術後経過はきわめて良好のようです。 彼の引退後の健康データが公浮ウれ、日頃の健康管理について油断ができないことを教えられます。

58歳の彼は毎日運動とダイエットをしていたのですが、総コレステロール値が233、悪玉のLDLコレステロール値が177でした。 医師からは総コレステロールを200まで、LDLコレステロールを130以下に抑えるよう指摘されていました。 軽度の高脂血症でも大きなダメージを受けることがあり、気をつけなければならないということです。

たかが高脂血症なんて思っていると、大変なことになりますよ!

関連記事

  1. 飲み過ぎに注意しましょう!

  2. 運動器不安定症(MADS)は要介護の入門編!

  3. Healthy Agingを目指そう!続編の続き

  4. 睡眠のドラキュラを利用した不眠症治療薬登場!

  5. 人食いバクテリアが怖い!

  6. 無知・病気・貧乏は仲間!

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ
PAGE TOP