もしかしてC型肝炎と思ったら!

  • TOPICS

C型肝炎は血液製剤が皮膚を通して侵入することにより感染します。 粘膜の接触による感染は稀です。 注射・手術・歯科治療・針刺し事故・針治療・入れ墨など関係した場合注意が必要です。 特にC型肝炎患者が同居している場合剃刀・歯ブラシ・爪切りの共用は避けましょう。 輸血は最近ではあらかじめウイルスの検索をしていますので感染することはありません。 上記のような事態で感染を疑われた場合、6ヶ月間はHCV抗体をチェックしましょう。 C型肝炎は70%が慢性化し、その結果肝硬変症、さらには肝癌へと進展します。 注意! 注意! 注意! あなたは大丈夫ですか?

関連記事

  1. アガサ・クリスティーもびっくり。

  2. ビタミン過剰摂取に注意!

  3. もうすぐ乳癌の手術は無くなる(前編)!

  4. 乳癌を見つけよう!

  5. 認知症、その前駆期は?

  6. 白衣高血圧対策はどうしたらよいか?

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ
PAGE TOP