院長・理事長
金杉 和男
KAZUO KANASUGI
専門:消化器・乳腺
経歴
1968年 東北大学医学部卒業
1968年 癌研究会付属病院研修
1970年 国立がんセンター病院外科レジデント
1973年 聖マリアンナ医科大学第1外科
1987年 聖マリアンナ医大横浜市西武病院外科兼任
1987年 K・クリニック開設 院長
2020年 医療法人社団三和会理事長 K・クリニック院長
学会活動:
 医学博士
 日本外科学会専門医
 日本消化器外科学会指導医
 日本臨床外科学会評議員
 日本乳癌学会認定医
 日本医師会認定産業医

臨床実績
消化器外科・乳腺外科の専門医として聖マリアンナ医大創設期より参加(28年間勤務)。
消化器外科としては食道より直腸までの手術を実施し、多数の聖マリアンナ医大卒業生の指導を担当した。 乳癌手術は国立がんセンター以来約3500例の手術を手掛けた実績をもとに現在クリニックにて早期乳癌診療に尽力している。
副理事長
檀之上 和彦
KAZUHIKO DANNOUE
専門:眼科一般、眼瞼下垂手術
経歴
2001年 聖マリアンナ医科大学医学部卒業
2004年 聖マリアンナ医大横浜市西武病院眼科
2006年 京浜総合病院眼科
2012年 だんのうえ眼科クリニック開設 院長
2014年 医療法人社団栄和会理事長 熊野前院・二子玉川院・亀有院開設
2015年 東京医科大学客員講師
2016年 川崎市眼科医会副会長
2017年 日越メディカルブリッジ代表取締役
2020年 医療法人社団三和会副理事長
学会活動:
 日本眼科学会専門医
 日本眼科学会会員
 日本臨床眼科学会会員
 日本眼科手術学会会員
三島 千明
CHIAKI MISHIMA
専門:在宅医療・内科・家庭医療
経歴
2004年 島根大学医学部医学科 入学
2009年 カナダ・マギル大学 留学
2010年 島根大学医学部医学科 卒業
2010年 島根大学医学部附属病院 初期臨床研修開始
2012年 島根大学附属病院 初期臨床研修終了
2013年 公立邑智病院 総合内科
2014年 医療法人 北海道家庭医療学センター 総合臨床後期研修開始
2017年 医療法人 北海道家庭医療学センター 総合臨床後期研修終了
2017年 医療法人社団プラタナス 青葉アーバンクリニック 
2017年 日本プライマリ・ケア連合学会 家庭医療専門医
2018年~2019年 世界医師会(World Medical Association)若手医師国際役員として活動
2020年 自治医科大学 客員研究員
2020年 昭和医療技術専門学校 特任教授
2021年 みいクリニック代々木 兼務
特別顧問
黒田 雅彦
MASAHIKO KURODA
東京医科大学・分子病理学分野主任教授
東京医科大学・総合医学研究所所長
経歴
1989年 東京医科大学卒業
1993年 東京大学大学院 医学系研究科第3博士課程(医学) 修了
1993年 東京大学医学部病理学教室文部教官助手
1996年 New York University, Skirball Instituteに留学:癌遺伝子の研究      
1998年 東京医科大学第一病理学講座講師
2000年 JST CREST内分泌攪乱物質研究代表(2005年まで)
2002年 慶應義塾大学リサーチパーク黒田プロジェクト研究代表
(訪問講師を併任・2005年3月まで)
2005年 東京医科大学 病理学講座 助教授
2009年 東京医科大学 分子病理学講座 主任教授
2014年 東京医科大学 分子病理学分野 主任教授
2021年 東京医科大学 総合医学研究所 所長
学位
医学博士
東京大学大学院医学系研究科第3種博士課程(医学)病因病理学専攻

資格
1989年5月 医師免許
1992年4月 死体解剖資格
1995年8月 病理専門医
2021年 分子病理認定医

学会活動
AACR(アメリカ癌学会)
ASCO(アメリカ臨床腫瘍学会)
ASGCT(アメリカ遺伝子細胞治療学会)
ISEV(国際エクソソーム学会)
RNAi研究会
環境ホルモン学会 評議員
日本癌学会
日本病理学会 学術評議員
日本分子生物学会
日本臨床プロテオーム研究会 理事
JSEV(日本細胞外小胞学会)理事

黒田主任教授は分子病理学教室を率いて核酸医薬品やエクソソームを用いた医薬品の開発、次世代シーケンサーを用いゲノム医療、AIを用いた病理診断などを主要なテーマとして活躍しております。 また医学総合研究所所長として難治性疾患の先端的治療法の開発・臨床応用を目指して研究を行うと共に、あわせて医療政策の立案提言を幅広く行い、東京医科大学における医学研究の高度化の推進を目指しています。 日本人二人に一人が癌に罹患する時代、診断から治療に至るまでの過程で遺伝子の研究は目覚ましく発展しています。 黒田教授はその最先端に立って日夜戦っている癌研究の第一人者でもあります。 K・クリニックとしては教授の最新情報を基に、臨床現場に寄与する診療を目指していきたいと思います。
PAGE TOP