糖尿病にはコーヒーをどうぞ!

世界中で最もコーヒーを消費する国はフィンランドだそうです。

1日当たり一人平均9杯も飲んでいるそうです。 

1万人以上のフィンランド人が参加して行われた研究で、コーヒーを飲む人の糖尿病のリスクが明らかに減少しているとのことです。 

コーヒーの中に含まれるChlorogenic acidが血糖値を制御し、Caffeineが膵臓からのインスリン分泌を刺激するからで、理論的にも正しいと考えられます。 ただし2型糖尿病に効果が限定されます。 またAmerican Heart AssociationはCaffeineが心疾患に悪影響すると報告しており、コーヒーの飲み過ぎは却って元も子もなくすような結果になります。

1日1−2杯のコーヒーならいいかもね。

関連記事

  1. 巨大化する乳房のしこり

  2. 早朝高血圧を理解しよう!

  3. 歳をとっても運動を続けよう!

  4. Street viewで新しいWalking areaを見つ…

  5. 10代の難聴が30%も増加!

  6. がんを征服しよう!

最近の記事

  1. “Jaw-droppingR…

    2020.07.19

カテゴリー

アーカイブ
PAGE TOP