米国医療事情、日本は真似してはいけない!

「貧困大国アメリカ II」(堤 美果著、岩波新書)を読んでいるとアメリカの医療事情が如何に国民を苦しめているか理解が出来ます。 オバマ大統領が医療改革の旗を掲げて大統領に当選しましたが、改革は全くお手上げなのではないでしょうか。 米国では高齢者や退職者が入る公的保険MEDICAREと貧困者や障害者が入る公的保険MEDICADEがありますが、一般のサラリーマン、自営業者、学生、公務員などは民間の経営する医療保険に入ります。 この医療保険が利益追求と医療内容に口出しをする悪のシステムとなり、高い薬剤費を生産する製薬業界が加担して、中流のアメリカ人が医療費を払えなくなり苦しんでいます。 民間の競争による低価格で良質な医療を提供されれば問題は無いのですが、一部民間の保険会社の独占により保険料や医療費が高騰し、診療を受けられない人が沢山発生しています。

学生の教育ローン破産と併せて、この国はいつから三流国家に成り下がってしまったのでしょうか。 そんな国の医療システムを真似て株式会社を日本に参入させたら、我々も米国人と同じになってしまうのです。 この本は現在の米国事情を理解する為の必読書ですね。

アメリカン・ドリームはもう過去の幻想ですね!

関連記事

  1. 乳がんの話題、イングリッド・バーグマン!

  2. 乳癌再発予防に新しい薬登場!

  3. 体脂肪2kg減らすにはどうしたらよいか?

  4. 肥満は悲劇の始まりだ!

  5. 禁酒したい! されどーーー!

  6. 心臓突然死からの脱出:続編の続きの続き

最近の記事

  1. “Jaw-droppingR…

    2020.07.19

カテゴリー

アーカイブ
PAGE TOP