モイスチュライザー(保湿剤)の誤用とは?

  • TOPICS

ドライ・スキン対策として保湿剤を頻繁に使用します。 ところが誤った使用方法で返ってドライ・スキンを悪化させてしまいます。 その結果また痒い、痒いの連続となります。 

モイスチュライザーの代表として尿素製剤があります。 尿素は浸透圧作用が強く水分を吸収します。 乾燥した皮膚に尿素製剤を塗布すると水分が吸収され、ますます乾燥してしまうのです。 お勧めなのはワセリンでしょう。 皮膚表面の水分の蒸発を抑えて角化層内の水分量が保たれるからです。 保湿剤を使用するにあたり、乾燥した皮膚に直接塗布するのは止めましょう。 濡れたタオルで皮膚を湿らせてから保湿剤を塗布しましょう。

関連記事

  1. ストレッチの効用(1)

  2. 生煮えの豚肉からE型肝炎にかかる!

  3. もしかしてC型肝炎と思ったら!

  4. チョコレートが心臓発作の予防に効く

  5. 医療はビジネスで良いのか?

  6. かぜ症候群に抗菌剤は必要か?

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ
PAGE TOP