メジャー・トランキライザーも肺炎の原因。

高齢者がSilent aspirationにより肺炎を起こすことを書きましたが、トランキライザーも肺炎の原因に加担しています。

行動異常を示す高齢者にメジャー・トランキライザーを処方しますが、大脳基底核にレセプターをもつドーパミン神経系(サブスタンスPをコントロール)を抑制して嚥下障害を起こさせます。 これらの薬剤を必要異常に使用しないことが高齢者の誤嚥性肺炎を予防することになります。

おじいちゃん、おばあちゃん! あまり異常行動を起こさないでください。 

関連記事

  1. もしかしてC型肝炎と思ったら!

  2. そのX線検査は本当に必要なのですか?

  3. クリントン元大統領の続報

  4. パンデミック新時代、ネイサン・ウルフの警告(2)!

  5. ウジ虫で傷口の治療をしよう!

  6. 高齢者のドライ・スキンはかゆいのだ!

最近の記事

  1. “Jaw-droppingR…

    2020.07.19

カテゴリー

アーカイブ
PAGE TOP